資料ダウンロード

インボイス制度への対応について

インボイス制度(別名「適格請求書等保存方式」)とは、取引内容・消費税率・消費税額という所定の要件を記載した「適格請求書(インボイス)」を発行・保存しておく制度です。

課税業者は売上に含まれる消費税を納付する際、仕入にかかった消費税を差し引いて納税することが認められています(仕入税額控除)。「適格請求書」がないと自分が支払った消費税額を正確に把握できず、仕入税額控除を受けられなくなります。

インボイス制度は2023年(令和5年)10月1日から本格導入されます。
残された期間で、仕入先へのインボイス導入促進等の準備を行うことが重要です。

しかし、仕入先の中には様々な理由からインボイスの導入が進まないケースも考えられます。

本資料では、仕入先へのインボイス導入促進を、どのように導入を進めるべきかを解説します。