資料ダウンロード

検品・検収・承認業務の効率化

紙による請求書の⼤きな問題のひとつが承認業務です。紙の場合、担当者から押印してもらう必要があるため、担当者が不在だと承認フローが滞ってしまいます。
そのため、リモートワーク環境でも承認をもらうためだけに出社する等が発⽣します。

また、紙の納品書で検品・検収業務を⾏う場合、情報共有のミスが発⽣しやすいことも⼤きな課題です。
納品書ベースで⽇々⼊⼒した買掛⾦の情報と、⽉初に届く請求書の合計⾦額にズレがあるというような事態が発⽣します。

本資料では、このような検品・検収・承認業務の負担を軽減し、効率化を図るには、どのような方法があるのか、ポイントを抑えて解説します。