資料ダウンロード

経営に与えるペーパーレス化のメリット

電⼦帳簿法の改正に伴い多くの企業がペーパーレス化を推進しています。

しかし、多くの企業は請求書のみを電⼦化するに留まり、納品書の電⼦化は進んでおりません。
仕⼊先から紙で納品書が送られてくると、完全なペーパーレス化を実現できません。

また、紙の情報をシステム等に⼊⼒するコストが発⽣し、効率が悪く、ミスも増えます。

結果的にコア業務に割ける時間が⼤きく減少し、労働⽣産性の低下を招きます。

ペーパーレス化の推進から、労働⽣産性やコストの削減といった経営⾯の利点と、離職防⽌・企業のイメージアップといった⼈材⾯の利点の両⽅が⽣まれます。

本資料では、納品書を電⼦化し、上記のような紙での業務における問題点をどのように解消するかを解説します。