請求書買取サービスとは?メリット・デメリットとおすすめのサービス4選

資金調達方法の一つとして利用される請求書買取サービス。売上は発生しているが手元に資金がないという状況を防ぐ役割があります。本記事では、請求書買取サービスの種類ごとの目的や特徴、メリット・デメリット、サービスを選ぶポイント、おすすめのサービス等を紹介します。

請求書買取サービスとは?

請求書の発行により確定した請求額である「売掛債権」を買い取って、代わりに代金を支払う金融サービスです。実際に請求書を売買するわけではありません。

売掛債権の支払期日より早めに支払いをしてもらえるため、資金調達手段の一つとして利用されています。また、ファクタリングと呼ばれることもあります。

2社間のやりとり

ファクタリング企業と利用者の2社間での取引のことです。こちらは請求先である取引企業にファクタリングの利用を知られることがありません。そのため、信頼関係の悪化やトラブルを防止できます。また、2社だけのやりとりなので手続きも簡単で素早く資金調達が可能です。

流れは以下の通りです。
1.利用者が取引企業に請求書を発行
2.発生した売掛債権の買い取りをファクタリング企業へ依頼
3.審査後に利用者へ条件が提示される
4.合意後に契約を交わし、利用者は手数料を引いた代金を受け取る
5.取引企業からの支払いがあったら、ファクタリング企業へ支払う

3社間のやりとり

ファクタリング企業と利用者と取引企業の3社間での取引のことです。こちらは取引企業の承諾を得る必要があります。その代わり、取引企業からファクタリング企業へ直接支払いが行われます。ファクタリング企業としても未回収リスクが起こりにくいため、手数料が2社間よりも低く設定されていることが多いようです。

流れは以下の通りです。
1.利用者が取引企業に請求書を発行
2.発生した売掛債権の買い取りをファクタリング企業へ依頼
3.審査後に利用者へ条件が提示される
4.利用者は取引企業からの承諾を得る
5.3社間で契約を交わし、利用者は手数料を引いた代金を受け取る
6.取引企業は請求額を直接ファクタリング企業へ支払う

【3つのメリット】請求書買取サービスの利用

資金調達に役立つ請求書買取サービス。ここでは具体的なメリットを3つ紹介します。

①支払いの遅延を防げる

売掛債権の回収は、自社の資金繰りを円滑に進めるためにも欠かせません。ファクタリング企業から先に代金を支払ってもらえることで、請求漏れや支払い遅延等による未回収リスクを軽減できます。

②資金繰りに役立つ

売掛債権が回収できるまでは、売上は発生しているが手元に資金がないという状態になることもあるかと思います。そのような状況では、事業を進める上でかかる様々な費用の支払いが滞ってしまうこともあるでしょう。

売掛債権の回収まで日が空いてしまい、手元の資金が不足するという事態を防ぐためにも、代わりに代金の支払いをしてくれる請求書買取サービスは役立ちます。

③オンライン対応が可能

請求書買取サービスによってはオンラインで手続きが完結するものもあります。申し込みから審査までが速く、手数料も比較的安いことが多いようです。オンラインはスピードとコストの低さが最大のメリットです。

【3つのデメリット】請求書買取サービスの利用

資金調達に役立つサービスですが、デメリットも存在します。ここでは、3つのデメリットを紹介します。利用を考えている人はこちらも覚えておきましょう。

①手数料が高い

請求書買取サービスはほかの融資に比べて手数料がかかります。早く受け取れますが、手数料が差し引かれるため、本来の請求額よりも代金が少なくなる点に注意しましょう。何度も継続して利用すると、資金繰りが悪化してしまう危険性もあります。

そのため手元に資金はないが、急な支払いがある場合の利用には役立ちます。しかし、回収期日まで待つことが可能な場合は、手数料分が損になるため利用しない等、自社の状況に合わせて計画を立てると良いでしょう。

②資金調達額は請求書記載の範囲内だけ

融資や借入とは異なり、請求書に記載されている金額の範囲内でのみ調達が可能です。大きい金額であれば、資金調達としてメリットがあるが、少ない金額で頻繁に利用する場合は、手数料がかさんでしまうこともあるので注意しましょう。

③債権譲渡登記を必要とする場合がある

債権譲渡登記制度とは、法人間の金銭債権の譲渡等で第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。これにより、ファクタリング企業は既に他社に買い取られている請求書を二重に買い取ってしまうリスク等を防止できます。

2社間のやりとりでは原則必要ですが、手数料を上げる代わりに債権譲渡登記を省略するファクタリング企業も存在します。

サービスを選ぶ3つのポイント

請求書買取サービスは様々な企業から提供されています。では、どのような企業のサービスを選べばよいか、判断に必要なポイントを3つ紹介します。

①資金調達スピードが早いか

請求書買取サービスを利用する目的の一つは、本来の回収期日より早く代金を受け取ることです。そのため、申し込みから支払いまでがスムーズな企業を選びましょう。2社間のやりとりでは即日、3社間のやり取りでも数日程度で現金化できる企業がおすすめです。

②利用範囲額の上限はいくらか

同じ請求額でも、企業によって利用できる範囲が異なります。例えば、売掛債権が300万円でも企業によっては250万円、200万円と支払金額が変動します。自社の条件に合った利用範囲を提示している企業を利用すると良いでしょう。

③手数料や費用はいくらか

手数料が高いほど、手元に入る代金が減ります。これは何度も繰り返すと大きな費用となります。そのため、なるべく手数料が低い企業を選ぶと良いでしょう。

2社間では高くても20%程度が目安です。30%を超える手数料を提示された場合は、その理由やほかの条件が良いか必ず確認しましょう。

おすすめの請求書買取サービス4選

ここでは先ほど説明したポイントを踏まえて、おすすめのサービスを4つ紹介します。

①アクセルファクター

審査突破率93%、即日入金が魅力のファクタリング会社です。
見積もりと審査結果を同時に出すことができ、今すぐ資金調達が必要な中小企業の強い味方になってくれることでしょう。
また、年間相談件数は、3,000件以上の実績を誇り、大手グループ資本で健全な経営を行っているため、安心してご利用いただけます。
加えて、個人情報の厳重管理・法令遵守の徹底に関しても高く評価されています。

https://accelfacter.co.jp/factoring/

②ビートレーディング

最短5時間で資金調達できることが特徴です。また少額の取引でも利用可能で、3万~7億円までの買い取り実績があります。手数料が2%〜と業界内でも低めであるため、少額取引でも負担が少ないと言えるでしょう。

https://betrading.jp/

➂ベストファクター

個人、企業問わずに利用が可能です。他業種に比べて資金繰りが難しいといわれる建設業界にも強く、最多利用業種となっています。手数料が2%〜と業界内でも低めであるため負担が少なく、継続利用で手数料が減る特徴があります。

https://bestfactor.jp/

④OLTA(オルタ)

オンラインで完結できるため、申請から契約までの手続きが簡単です。手数料は2~9%と低く、独自のAIスコアリングによる審査を実施しており、人件費の削減ができているため、低い手数料での提供が実現しています。

ただし、2社間のやりとりのみ対応しているため、その点は注意しましょう。

https://www.olta.co.jp/

まとめ:メリットやデメリットを理解してサービスを選びましょう

事業を円滑に進めるためにも資金繰りは欠かせません。そこで役立つのが請求書買取サービスです。本記事では、請求書買取サービスの種類ごとの目的や特徴、メリット・デメリット、サービスを選ぶポイント、おすすめのサービス等を紹介しました。資金繰りのために利用を検討している方は是非参考にしてください。

この記事を読んだ方で「受け取る」納品書や請求書を「電子化」することに興味がある方はいませんか?

oneplatは、納品書や請求書をデータで受け取れるサービスです。

会社組織の財務・経理部門や、支店・店舗・工場などの、 管理業務における下記の課題解決にoneplatは大きく貢献できます。

  • 会計/販売管理システムとの連携で仕訳入力が不要に
  • 取りまとめたデータを自動で取り込み
  • 総合振込データの作成や仕訳の消込も自動入力

導入後は複雑なデータ入力業務に時間を奪われることなく、本来の業務へ時間とコストを割くことが可能です。

このウェブサイトでは、他にもコスト削減・業務効率化に役立つ資料を無料で配布しておりますので、 是非、この機会に一度資料ダウンロードをしてみください。

oneplus編集部

この記事の執筆者

最短5分

財務・経理部門における
DXのお問い合わせやご相談についてはこちら